HOME > 会社案内
会社案内 えねこステーションって?

えねこステーションは、次世代エネルギーの体験型ショールームです。小さなお子様から、お父さん、お母さん、お年寄りまで、みんなが楽しく体験してもらえる仕掛けがたくさんあります!

ぜひご家族でお越しください。お待ちしております。

えねこステーションへのアクセス

  • お客様の声
  • 会社概要
  • えねこステーションQ&A
  • eneco store
  • 山形県産の太陽光発電システム
  • facebookで繋がろう!
  • 随時更新中!スタッフBlog
  • プロジェクト えねこ

会社案内

「省エネ」でもなく、「商エネ」でもなく、次世代のための「庄エネ」の実現を追及してまいります。代表取締役 阿部 敦

「省エネ」という言葉が、我が国に登場してから30年とも、40年とも言われております。その言葉の「持つ意味」を、私たちは頭では理解していながらも、どこか「実現を伴った行動」に移せずに年月だけが経過していました。そしていつしか「省エネ」という言葉は本来の意味合いよりも、さながら夏、冬の商戦をイメージさせる「商エネ」と言った方がしっくりくるかのような印象すらあったのではないでしょうか。

 

そんな最中、2011年3月11日の東日本大震災は、世の中に、この東北地方に大きな衝撃をもたらしました。改めて被害を受けられた皆様には心よりお見舞い申し上げます。

私たちも「電気」という社会インフラの構築に関わる地元企業として、私たちの事業の意味、そして「これから」のあり方について、深く考えさせられました。

 

「当たり前」に利用していた電気…
「当たり前」に利用していた原子力発電…
「当たり前」に利用していたエネルギー…

 

「電気=ライフライン」「電気=限りあるエネルギー」であるということ、それを担う私たちの社会的責任の自覚。

 

2012年4月1日にオープンした「次世代エネルギー体験型ショールーム えねこステーション〜庄エネの駅〜」は、この愛すべき地元・庄内に対しての、そして愛すべき子どもたち(次世代)に対しての、弊社の責任・決意の表れでございます。えねこステーションは、皆様が安心して「次世代エネルギー」を利用し、活用していただくためのアンテナショップを目指しております。皆様へのご提案も、設備設置工事も、電気工事も、そしてアフターケアも、私たちで一貫してサポートさせていただく…これがこの庄内地方で43年間電気工事業を営み、皆様と共に歩んできた歴史が生んだ答えだと信じております。
30数年間定着しなかった「省エネ」ではなく、商売用語と化した「商エネ」でもなく、私たちの地域の将来のための「庄エネ」を実現するために全力で取り組んでまいります。

 

最後になりますが、これを機に社員一同決意を新たにして、社業の一層の充実・進展に努めてまいる所存でございます。
今後とも何卒格別のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

>> 会社案内パンフレットはこちら

 

会社概要

商号 荘内電気設備株式会社
設立 昭和45年2月23日
資本金 1600万円
本社 山形県酒田市大宮町2丁目2-3MAP
拠点 遊佐営業所(遊佐町)、えねこステーション(酒田市大宮町)
従業員 18名(平成24年4月現在)
事業内容 電気工事業の請負、冷暖房工事の請負、家庭用電化製品・住宅設備機器の販売・施工及び修理、太陽光発電システム・ソーラーシステム・太陽熱温水器・風力発電などの販売・施工及び修理など

会社沿革

昭和45年2月 酒田市緑町「有限会社共和電気」を設立
昭和46年 酒田市本町へ移転
昭和54年 酒田市北新橋へ移転
昭和58年12月 酒田市大宮へ移転、「荘内電気設備有限会社」へ商号変更。代表取締役 阿部勝雄就任。
平成10年3月 会長 阿部勝雄、代表取締役 阿部敦が就任。
平成11年11月 「荘内電気設備株式会社」と商号変更。資本金を1600万円に増資。
平成23年4月 酒田市下安町に「えねこステーション〜庄エネの駅〜」をオープン
平成29年9月 えねこステーションが本社(大宮町)に移転・統合

>> 会社案内パンフレットはこちら

 

導入実例のご紹介お問合わせ・お見積りはこちら